まつげに保湿が大切な理由

長いまつげや、ふさふさのまつげ。人形のようなその姿は女子の憧れでもあります。実際、まつげのケアってどうすれば良いのでしょうか。

まつげは髪の毛などに比べて本数が少ない上、1日に伸びるのが0.1mm~0.2mmとされています。髪の毛は1日0.3mm~0.5mm伸びると言われているので、髪の毛よりも伸びる速度は遅いのです。もともと生え変わりの周期が半月周期と言われており、さらに目もと専用のリムーバーが必要なメイクなどによるダメージを受けて毛が抜けやすい場所です。伸ばすことと同時に、抜けるのを防ぐことも重要なポイントとなります。
まつ毛がふさふさだと、目は2倍くらいの大きさに見えるそうです。そのために大切なことは「保湿」です。育毛成分も入っているまつ毛用美容液を使うのも効果的ですが、手軽に使えて効果が高いと言われているのは、女子なら誰でも持っているリップクリームやニベアクリームなのです。ニベアクリームは毛穴レスの美肌作りに使用している人も多く、その人たちの中でも「まつげが伸びたかも?」と言われています。
リップクリームやニベアクリームをまつげに塗ることで保湿され、抜け毛が起きにくくなるのが理由です。根元まで保湿されることでメイクなどのダメージから守られることと、栄養素が届き強く濃いまつげが生えると言われています。ニベアクリームやリップクリームのほかにもワセリンや馬油、リンスを使うと良い、という口コミもあります。大切なのは、まつげは目のすぐ近くで目を保護しているものです。リップクリームも薬用のメントール入りを使うと、目を痛めてしまう危険性があります。十分注意して使うようにしましょう。
大切なことは、負担をかけずにしっかり保湿することなのです。