まつ毛の長さに遺伝は関係するのか

体のパーツはいろいろありますが、そのどの個所も基本的には両親からの遺伝子によって形成されています。それは身体的特徴はもちろんのこと、爪の形や歯並び、髪質までさまざまですが、それらのどれもに両親のどちらかに似た傾向が見られることもよくあります。そしてそれはまつげにも当然ながら言えることで、まつげの長さに関しても、基本的に遺伝は関係しています。ただし遺伝といっても、優性と劣性の二種類があります。まつげの場合は長い方が優性遺伝子で、短い方が劣性遺伝子とされていて、長い方の遺伝子のみやその二つの遺伝子を合わせて持っている場合は、長い方が優性なために、長いまつげになります。そして短い遺伝子しか持っていない場合は短くなります。また両方の遺伝子をもっている人と短い遺伝子しか持っていない人が結婚して子供を作った場合、50%の確率でまつげが長い子供が生まれ、両親が二人とも両方の遺伝子を持っているケースでは、25%となります。もっともまつげに限らず他の個所にも言えることですが、いくら遺伝だからといって、すべてが完全なコピーのようにそっくりというわけではありません。中には本当にそっくりというケースもありますが、とある部分は似ているけれど、そうでもない部分もあるということもよくあります。たとえばまつげの長さは似ていても、太さは違ったりするなどということもあります。また遺伝だけでなく、生活環境なども大きく関係してきますし、加齢なども当然かかわってきます。そのためにいくら遺伝で長いまつげだったとしても、食生活やライフスタイルによっては短くなることもありますし、逆に医療技術の進歩で短い人も育毛薬や美容液の影響で、長くすることも可能となっています。

つけまつげによる自まつ毛へのダメージ

最近のコスメ市場は、もっぱら目力強調アイテムで、どれだけ目元を印象付けられるかをコンセプトに、数えきれないほどのアイメイクアイテムが誕生しています。目は口程に物を言う、とは昔から言われていることのように、見つめられるだけで心が騒いでしまうような魅力的な目元になるべく、女性たちは様々な目元アイテムを使って印象的で美しい目を作り上げていきます。なかでもまつげ強調アイテムは、パッチリとした大きな目に見せるためには必須で、どれだけまつげを長く、太く、濃く見せられるかが大切で、自まつげにコンプレックスを抱いている女性は、いろいろなアイテムを使いこなしながら仕上げていかなければなりません。数あるまつげアイテムの中でもつけまつげは、理想とするまつげに瞬時にして変身できるアイテムなので、毎日必ず使っているという女性も多く、巷に流通している種類はもはや数えきれません。人気モデルとコラボレーションしているブランド品もあり、憧れの芸能人のような魅力的な目になれると、愛用している女性も少なくないようです。しかしこのアイテムは、専用の接着剤で貼りつけるため、どうしても不自然にならないように自まつげぎりぎりに装着すると、自分の毛と絡んでしまい、外すときに抜けてしまうということが避けられないようで、毎日使用していくうちに、どんどん自分のまつげがなくなってしまったと嘆いている女性も少なくありません。毎日使う消耗品ゆえ、少しでも安く買いたいと、百円均一ショップで求める方も多いようですが、やはりそういったものについている接着剤は、肌にも悪く、取れにくくするために強力な成分が配合されていることも多く、かなりダメージを与えてしまうことが多いようです。せめて使うなら、品質の良いものを選んだり、自分の毛の上にはつかないように慎重につけるなどの配慮が必要です。

まつ毛育毛に相性がいい食べ物は?

痛んでしまったまつげをどうにかしたい!育毛剤をつけたり瞼のマッサージもしてるけど…という人は、もう一つ「まつげを育てる効果がある食べ物」をとりいれてみてはどうでしょうか。

まつげだけをピンポイントで強く濃く長くする、という食べ物はありません。体毛の一種のため、育毛に効果的な食べ物を摂取するのが良いと言われています。
まつげや髪の主成分は、ケラチンという成分です。ケラチンは18種類のアミノ酸がくっついてできたたんぱく質のことです。アミノ酸を豊富に含むたんぱく質が、まつげを作ってくれるのです。多く含まれている食材は肉や魚、チーズなどです。
血行を良くすることも重要です。まつげは半月周期で抜けてしまう上、一日に0.1mmから0.3mmというスピードでしか伸びないのです。髪の毛が一日0.3mmから0.5mm伸びると言われているので、その速度は髪の毛の半分なのです。そのため、必要な栄養素がしっかりと届けるため、その仕事をしてくれる血液の流れを良くする必要があるのです。ビタミンB2を多く含む鶏レバーやウナギなどを食べましょう。またビタミンAは血行を良くする作用のほかに、メイクやクレンジングのダメージで抜けやすくなっているまつげを抜けにくくしてくれる効果もあると言われています。豚レバーやしそ、にんじんに多く含まれています。

必要な栄養素のために決まった食材だけを摂取すると、ほかの栄養素を過剰に摂取してしまう可能性があります。まずは健康的なバランスの取れた食生活を行い、強く濃く長いまつげが生えてくるようにしましょう。それでも不足している栄養素は、サプリメントで摂取するようにすると他の栄養素の過剰な摂取を抑えることができます。
↓ケアプロストの詳しい効果など
ケアプロストの口コミ情報
↓美しいまつ毛を手に入れるなら
ルミガン